Jiho Maternity Hospital
Sterility
女性側から見た不妊症について
なぜ妊娠しないのか
【 考えられる原因 】
1. 卵巣や卵子そのものにトラブルがあるための排卵障害。
2. ホルモン分泌が正しくされないための排卵障害。
視床下部障害=摂食、怒り、性欲などをつかさどる部分でそこにストレスが与えられると女性ホルモンの分泌に悪 影響を及ぼす。
下垂体障害=黄体ホルモン(LH)、卵巣刺激ホルモン(FSH)が分泌されない。
乳汁分泌を促すプロラクチン(PRL)
3. 卵管采と卵管に障害がある。
4. 子宮頚管粘液の異常。
5. 男性側の異常による不妊。
6. 受精障害による不妊。
7. 子宮因子による着床障害
(子宮内膜症、子宮筋腫、腺筋症などがある場合)
8. クラミジア感染症・・・不妊や流産の原因になる。
9. 原因不明の不妊 (機能性不妊)
10. 免疫性不妊
不妊症の一般検査
月 経 血中下垂体ホルモン測定 ー女性ホルモンが分泌されてるかどうか血液検査で(LH,FSH,PRL)調べます。
低温期 子宮卵管造影ー卵管が通過してるか、卵子が卵管の中を通って行けるかどうかを調べるレントゲン検査。
卵管通気/通水検査
腹腔鏡検査=おなかの中を見るとき、卵管采部や卵管の周りが癒着してるかどうかを見る場合。
子宮鏡検査=子宮内の炎症や癒着、筋腫やポリープを見る場合。
排卵期 卵胞計測・エストロゲン測定・超音波検査・頚管粘液検査
ヒューナーテスト=
排卵日頃の早朝に性交し、頚管粘液中の精子数をしらべる。
高温期 子宮内膜検査/黄体機能検査
治療法について
* 人工受精 ( AIH )
男性不妊が全体ですが,頚官粘液分泌不全、ヒューナテスト陰性、卵管の延長などを認める場合、また長期不妊例などが適応
* 卵胞内人工受精
排卵誘発剤を投与しても排卵が起こらない場合
* 体外受精(採卵時は麻酔科にて行っております)
体外授精の費用
採卵技術料 \150,000
(IVF-ET) 6個以上1個に付き
\2,000追加
胚移植料 \50,000
各種加算技術料として
胚を移植せずにすべて凍結する場合 \60,000
顕微授精法技術料(ICSI) \50,000
アシステッドハッチング技術料
(Assisted Haching)
\20,000
凍結胚移植料 \60,000
胚凍結保存料 (1年間・管理料込) \20,000
(更新料・管理料込) \20,000
精子凍結保存料 (1年間・管理料込) \23,000
(更新料・管理料込) \20,000
2段階 胚移植法 2回目加算(Two Step ET) \20,000
子宮内膜刺激移植法(SEET法) \20,000
ご主人様感染症加算
(感染症ありまたは感染症検査未検)
\5,000
※すべて外税
※技術料は採卵日に一括してお支払いただき、治療途中で中止となった場合は中止となった時点の差額を精算いたしますが、別途消費税8%が加算されます。
※患者様個々により黄体補充の方法が異なり処方内容が異なりますが排卵後から胚移植、及び胚移植後から妊娠判定までの黄体ホルモン補充薬の薬剤料は自費扱いで約1〜3万円程度の請求が生じます。
::女性側から見た不妊 | ::男性側から見た不妊
Copyright 2001 Jiho Maternity Hospital. All rights reserved.