Jiho Maternity Hospital
Gynecology
婦人科
子宮ガン検診について
【 症 状 】
帯下、不正出血
【 診断方法 】
細胞診、コルポ検査、超音波細胞診の結果、Ia期 (微小侵潤癌)は当院で手術、それ以外は紹介する
【子宮頸癌】
投与対象は10歳〜50歳。
投与回数は計3回。
【卵巣癌】
[診断方法]
超音波、CT,MRIの画像診断と複数の腫瘍マーカーを組み合わせ診断。初期 Ia期の卵巣癌は摘出術を行う。
子宮筋腫について
【 症 状 】
過多月経,過長月経、腰痛、下腹痛
【 診断方法 】
内診、超音波、MRI,CT
【 治療法 】
GNRH療法、手術、腹式or膣式の単純子宮全摘術施行、未婚で子宮温存を希望する場合は、筋腫のみを摘出する筋腫核出手術を行っている。
子宮全摘、年間15〜20件/子宮核出、年間7〜10件
卵巣腫瘍、卵巣嚢腫摘出 年間15〜20件
卵巣穿刺 年間9〜12件 
Copyright 2001 Jiho Maternity Hospital. All rights reserved.